★★★ 「ネットワークの構築」を目指して ★★★
 日頃は県連青年部協議会に対しまして、ご支援賜り誠にありがとうございます。 
 県連青年部協議会は、単組の集合体であるわけですから、それぞれに規約をもち、それぞれの行政下にある単組青年部が同じ目的をもって事業を行うためには、まずお互いの立場を把握していなければなりません。
 設立という最初の大きな目的を達成した次なる目的は、進むべき軌道に乗せてやること、確固たる基盤を作ってやることです。
 それにはまず、先に述べたお互いを知るという横の繋がりの強化、つまりテーマとして掲げた「ネットワークの構築」ということになるわけです。それが基盤にあってこそ、初めて各単組一丸となった県単位の事業が展開されると考えます。
 県連青年部としての表立った業績が出てくるのはもう少し先のことかもしれませんが、基盤を築く過程は避けては通れません。
 その意向をご理解のうえ、私たちの今後の活動に対してご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

愛知県管工事業協同組合連合会
青年部協議会会長  岡本和也

      

★★★ 愛管連青年部協議会第3回通常総会報告 ★★★
 皆様今日は。去る7月16日(土)名古屋ガーデンパレスにおきまして、愛管連青年部協議会第3回通常総会が、滞りなく終了いたしましたことをご報告させていただきます。
 設立から、早いもので3期目へ突入。この間、試行錯誤の中、なんとか運営してこられたのも、皆様のご協力のおかげでございます。ありがとうございました。
 16年度事業と致しましては、15年度の継続として@県を単位とした組織であること、A将来につながること、B一般の会員に還元できること、の3つの理念の基、事業活動を行なって参りました。愛・地球博、新空港開港と全国的にみれば、恵まれた環境にあった昨今の愛知県ではございますが、万博後の県内管工事業界・建設業界は、官公庁物件の減少等、先の見えない問題もまだまだ多くございます。県連青年部という、将来があり、地域を越えた、ひとつ大きな組織を、皆様に、有効に利用していただきたいと思っておりますので、今後も、会員のみなさまのご協力、ご指導をお願いしたいと思います。
  また、私事ではございますが、16年度をもちまして会長職を退任させて戴くこととなりました。設立準備委員会から3年弱、各都市理事の皆様はじめ、親県連、一般会員、賛助会員の皆様と共に運営に携われたことは、私にとりまして、何物にも勝る経験をさせていただくことが出来ました。ほんとうにありがとうございました。

愛管連青年部協議会顧問 名水協青年部会県連青年部担当
(資)真保工務所 真保明也




Copyright(c) 名水協青年部会 All Rights reserved